借金返済を法律事務所に相談する場合、まずは最初に借金の状況について詳しく話す必要があります。メールや電話での相談では、細かいヒアリングは難しいので、ごく一般的なアドバイスのみに留まる場合がほとんどです。そのため、借金返済について的確なアドバイスを受けるためには、やはり法律事務所に直接出向く必要があります。

法律事務所での相談には、借金の状況や、自身の収入状況が分かる書類などを持って行くと話がスムーズです。借金返済の法律相談は無料のところも多いですが、一定時間を超えると料金がかかる場合や、最初から一時間いくらと料金が定められているところもあります。できるだけ話がスムーズに伝わりやすいように、情報はまとめていくことが大切です。

ヒアリングを経て、最適な借金返済の方法について弁護士から説明を受けたのち、納得がいけば弁護士に借金返済のための債務整理をお願いするという流れになります。契約書と委任状を作成するので、最初から弁護士に依頼する気があれば、印鑑を持って行くといいでしょう。弁護士に債務整理を依頼した時点で、受任通知というものが債権者に送られます。これは、債務者と債権者の間に弁護士が介入したという通知で、この通知以降取り立てがストップします。